UQ モバイルの解約ってどうなの?簡単にできる?

UQ モバイルはUQコミュニケーションズが提供している格安スマホです。

 

格安スマホの中でも口コミが好評で、プラン等も他の格安スマホより優秀です。

 

UQ モバイルって解約楽なの?めんどくさかったらちょっと嫌だな…

 

エントリー1

 

そんな考えの方もいらっしゃると思います。

 

ですが、UQ モバイルの解約はとても簡単です。

 

エントリー1

 

解約する際は、UQお客様センターに電話するだけです。

 

解約時に必要な書類等もございません。

 

ですが、気をつけなくてはならないのですが、以下の注意事項です。

 

エントリー1

 

まず契約解除料ですが、課金開始月から25ヶ月間が契約期間になります。

 

そして契約期間の最終月以外に解約すると契約解除料(9,500円)が発生します。

 

それを回避するには契約期間の最終月に解約するしかありません。

 

どうしても今すぐ解約したいという何かしらの事情がない限りは契約解除料を避けるようにしたいですね。

 

2つ目の端末料金の残債というのは、携帯本体を購入したときに分割払いを選択した際にまだ支払っていない額のことです。

 

エントリー1

 

契約してすぐに解約するとなると、本体料金をほとんど支払っていないので

 

数万単位で支払わなければなりません。

 

のマンスリー割とは、

 

おしゃべりプラン・ぴったりプランプランに加入してUQコミュニケーションズの指定する機種を購入した場合に

 

対象機種に応じて指定した金額が課金開始月の翌月から2年間値引きされる制度です。

 

つまり解約した月はいつもより大体1000円高くなるよ〜ってことです。

 

4つ目の契約中のオプションサービスとは端末補償サービスやメールサービスなどが当たります。

 

ほとんどの方には関係がないと思います。

 

そして最後の公衆無線LANサービスですが、これは誰でも無線LANを利用してインターネットに接続できる事を言います。

 

例えば

 

エントリー1

 

こんなやつとか

 

エントリー1

 

こんなやつです

 

当サービスをUQ モバイルではギガぞうといいますが、ギガぞうは本体の契約料金とは別に月額料金が存在します。

 

私としてはあまり契約するメリットはないかなと思います。頻繁に外出して回線に不満足なら、一考の余地はありそうです。

 

ですので、最後の項目もほとんどの人には関係ありません。

 

まとめ

 

エントリー1

 

結論から申しますと、契約期間の最終月以外に解約すると、

 

解約料9500円が取られてその月はマンスリー割が適用されないので1000円ぐらい高くなると覚えていただければ大丈夫です。

 

そんなUQ モバイルですが、テレビCMでも頻繁に放送されるなど、今話題の格安スマホです。

 

そんな私のUQ モバイルの感想をこちらで伝えておりますので

 

もしよろしければこちらも見ていただければと思います。